薬用・機能性植物プロジェクト
サンプルアイチャッチ

薬用・機能性植物プロジェクトとは

   植物は古くから「食」や「薬」として利用されており、人間に対して多大な恩恵を与えてきました。近年では、健康増進や疾病予防に対する意識の向上により、薬用・機能性植物への人々の関心が高まっています。また、新たな生体調節機能の発見や機能性の付与などにより、薬用をはじめとする植物資源の価値が見直されてきています。このような背景の中で薬用・機能性植物を持続的・安定的に供給する技術や仕組み作りが早急に求められています。しかし、日本においては資源のほとんどを輸入に頼っており、その供給が不安視されています.また、栽培は技術革新のないまま伝統的手法が踏襲されており、国産化には難しい点が数多く残っています。そこで本プロジェクトでは、従来の生産方法を根本的に見直し、持続的・安定的に供給できる効率的な種苗および栽培システムを開発・構築し、薬用・機能性植物の普及・利用促進を図り、農業振興および地域活性化、さらには国民福祉の向上を目指します。

新着情報

2016-07-23
【講演】池上文雄特任研究員が柏の葉・東洋医学健康セミナーにて「意外と身近な薬用植物」と題して講演を行いました。