植物工場 千葉大学拠点では太陽光・人工光や培養液などを制御し野菜の安定供給を可能に〜

農林水産省 植物工場 実証・展示・研修事業 千葉大学拠点

人と環境にやさしい 高品質・高収量・計画的植物生産とその普及促進のために

人材育成 (研修事業)

2018 年度 植物工場研修のご案内(千葉大学研修一覧) 6月20日版

<随時募集>
個別培養液フォローアップ研修在宅での培養液コンサルタント
 詳しくは、事務局までお問合せください。

2018年度植物工場 研修4
「現場で自ら体得する生産管理技術」


◆講座のねらい
集中講義では、販売計画・生産計画・要員計画などを、講義・演習を通して理解する。
大型最先端の太陽光型植物工場での4回におよぶ長期間実習では、作業実習の経験を通して、生産管理の技術と現場管理実践能力のノウハウを体得する。
その成果を基にさらに演習を行い、生産管理と現場の問題解決ができる人材を育成する。

◆募集要項
対  象:植物工場事業に真剣に事業参入を考えている生産者、個人、企業の方。
     将来この分野でのコンサルタントを目指している方。
開講期間:2018年7月24日(火)〜2019年2月 全8か月
 @ 座学(柏の葉)      7/24(火)〜26(木) 
 A 実習1(大規模農場)   8/13(月)〜17(金)
 B 実習2(大規模農場)   10/15(月)〜19(金)
 C 実習3(大規模農場)   12/10(月)〜14(金)※
 D 実習4・演習(大規模農場) 1/7(月)〜11(金)※
 E 座学・実習【確認】(大規模農場) 2月(2日間)未定
※CD作物の育成状況などにより、1〜2週間ずれる場合があります

受講場所:@ 千葉大学 環境健康フィールド科学センター 植物工場研修棟A棟1階 研修室
実習場所:ABCDE アグリビジョン株式会社(山梨県北杜市武川町山高) 
スケジュール:募集要項2〜4ページ参照
        ・全体スケジュール 
        ・@スケジュール 
        ・A〜Eスケジュール     
代表講師:田中 進(サラダボウル株式会社 代表取締役)
受講費用:500,000円/人(消費税、教材費込) ※受講料はお振込みいただきます。
募集人数:8名程度 ※A〜Eには最小催行人数を設けます。
     人数が達しなかった場合には@のみ受講頂くことになる場合がございます。
     その場合は@受講費用50,000円を差し引いた金額をご返金させて頂きます。
応募方法:受講申込用紙に必要事項をご記入の上、E-mailまたはFAXにてお申込みください。
受講確定:申込先着順に「内定通知」のご連絡を致します。
     受講料は「内定通知」に記載の手順で振込期限内にお振込みください。
     入金確認後に受講確定となり「受講確定」のご連絡を致します。
応募締切:2018年7月18日(水) *定員に達し次第締切*

      募集要項(PDF版)   申込用紙(Word版)
      現場で自ら体得する生産管理技術のご案内(PDF版
      2017年度受講生の感想(PDF版




2018年度植物工場 研修3
「企業的経営のノウハウを学ぶ」
 

◆講座のねらい
太陽光型植物工場において、生産管理ができる人材を育成することを目的とします。
大規模経営を実際に運営されている方から販売計画・生産計画・要員計画など、生産
管理の知識を講義頂き、講義・演習を通して理解します。

◆募集要項
対  象:植物工場事業に真剣に事業参入を考えている生産者、個人、企業の方。
     将来この分野でのコンサルタントを目指している方。
開講期間:2018年7月24日(火)〜7月26日(金)(別紙スケジュール参照)※初日は9:00受付開始
受講場所:千葉大学 環境健康フィールド科学センター植物工場研修棟A棟1階 研修室
代表講師:田中 進(サラダボウル株式会社 代表取締役)
受講費用:50,000円/人(消費税、教材費込) ※受講料はお振込みいただきます。
募集人数:20名程度
応募方法:受講申込用紙に必要事項をご記入の上、E-mailまたはFAXにてお申込みください。
受講確定:申込先着順に「内定通知」のご連絡を致します。
     受講料は「内定通知」に記載の手順で振込期限内にお振込みください。
     入金確認後に受講確定となり「受講確定」のご連絡を致します。
応募締切:2018年7月18日(水) *定員に達し次第締切*

     募集要項(PDF版)   申込用紙(Word版)
     2017年度受講生の声(PDF版



2018年度植物工場 研修2
「これだけは身に着けておきたい培養液管理法」


◆講座のねらい
・培養液管理の基礎となる理論や重要ポイントを講義で理解する
・実際の培養液管理のポイント、簡易な分析法、分析データの解析・利用法を実習で学ぶ

◆募集要項
対  象:養液栽培の培養液に関連する基礎理論から、培養液管理に役立つ簡易分析法や分析データの活用法など、基礎的な管理技術を身につけたい方。
     培養液管理を自ら創意工夫したい方。
開講期間:2018年 7月2日(月)〜7月4日(水)(別紙スケジュール参照) ※初日は9:45受付開始
受講場所:千葉大学環境健康フィールド科学センター植物工場研修棟A棟1階 研修室
受講費用:60,000円/人(消費税、教材費込)※受講料はお振込みいただきます。
募集人数:20名程度
応募方法:添付の受講申込用紙に必要事項をご記入の上、E-mailまたはFAXにてお申込みください。
受講確定:申込先着順に「内定通知」のご連絡を致します。
     受講料は「内定通知」に記載の手順で振込期限内にお振込みください。
     入金確認後に受講確定となり「受講確定」のご連絡を致します。
応募締切:2018年6月27日(水) *定員に達し次第締切*

   募集要項(PDF版)   申込用紙(Word版)

シンポジウム・セミナー
研修
お知らせ

NPO植物工場研究会
NPO植物工場研究会 植物工場勉強会
お問い合わせ

農林水産省 植物工場
実証・展示・研修事業 千葉大学拠点

国立大学法人 千葉大学
環境健康フィールド科学センター
〒277-0882
千葉県柏市柏の葉6丁目2番1号
TEL/FAX:04-7137-8312
【受付】平日10:00〜12:00,13:00〜17:00

お問い合わせはこちらへ

千葉大学